レンタルオフィスの借り方のポイントー3選

レンタルオフィスは民間が行うようになり増えました

独立開業をする人(メンバー)にとって事務所は大きな問題となります。特に業種にもよりますが、初期投資をできる限り抑えて開業したと思うと、場所を町の中心地などに置くことは難しくなります。また、机・椅子から、来客用の応接セット、パソコン・コピーなど揃えたいものを買うとなれば事業開始以前に資本金を使いきってしまいかねません。そうして、これに関わる時間です。これらを解消してくれるのがレンタルオフィスです。以前は公的な機関が開業支援として行っていましたが、今は民間が行っているところが多いのでサービスを比較検討して決めることです。

企業情報が洩れるおそれがあるかどうかです

起業を興すときに街の中心地に事務所を置けるため、レンタルオフィスが人気があります。ところが、便利さばかりではなく注意しなければならないことがあります。それは、入居する企業に同業者がどれくらいあるかです。会議室などは、共同で使えるのは便利ではありますが、情報が筒抜けになる危険性があります。部屋の仕切りや共同施設の種類、喫煙室の状況などについては、一か所だけではなく、多くのオフィスの違いを見学して決めることです。

月額費用の範囲を聞くことです

レンタルオフィスを契約する前に、家賃については特に注意しておかなければなりません。ビルの中には、オフィスが仕切られて並んでいますが、そのほかにも会議室やコピー機、コーヒーやお茶などの機器もあります。どこからどこまでが、家賃の範疇なのかを確認しなければなりません。また、事務所として使用できる範囲は何坪あるのかです。廊下は共通であるのは分かりますが、会社の看板などは出し方に決まりがあるのかどうかです。

レンタルオフィスを利用することで、コストを抑えながらオフィス空間を手軽に確保することができ、個人事業主にとっては特に魅力となります。