洋服のお直しをする時に業者に頼む?自分で挑戦する?

フォーマル服を購入した時のお直しはお店に頼もう

紳士服や女性用のフォーマル服、スーツ等を購入した時に、パンツの丈や袖丈を直したい場合がありますね。購入した店舗でお直しをしてくれるならば、そちらを利用した方がいいでしょう。フォーマル服やスーツは改まった場所や仕事場に着ていくものです。裁縫の腕に自信があるならいいのですが、そうでないならお客様の前でほつれてきたり、破損するようなことがあっては見苦しいです。販売のスタッフがちょうど良いバランスを考えて、まち針等で仮止めをして確認してくれますのでお願いしましょう。店舗によっては、無料サービスしてくれる所もあります。

何度か着ていくうちにお直しが必要になった場合

購入した時には良くても、服を着ていくうちに体に合わなくなることがあったり、擦り切れたり、ファスナーが破損したりでお直しが必要になることがあります。駅構内にお直し専門の店を構えている場合もありますが、近くに見当たらない時は困りますよね。購入した店に相談すると提携のお直しの業者に依頼してくれることがあります。ただし、修正箇所が多いと高額になる場合があるので、できれば見積もりを取ることをおすすめします。また、クリーニング店の中には洋服のトラブルに備えて、業者と提携している所もありますので相談してみるとよいでしょう。

古着を購入してお直ししたい場合は自分で直してみる

店舗で気に入った古着を購入して、いまいちバランスが決まらなかったり、サイズが合わなかったことはありませんか。簡単な修正なら、自分でお直しに挑戦してみてもいいでしょう。丈を短くするなら、気に入った長さに合わせて、縫い代を2cmくらい取って裁断し、三つ折りに折ってまつり縫いや並縫いで仕上げます。スカートでもパンツにでも応用できます。ウエストを詰めるなら、留め具の位置をずらしてきつめにしたり、大きくするなら、ベルト部分を少しつなぎ足して留め具を端の方に付け替えて、幅を出すようにすれば余裕が出て着やすくなります。ミシンがなくても手縫いでできますので、試してみてはいかがでしょうか。

洋服のお直しならば、型崩れや穴あきにも対応できます。付近に業者が見当たらない時は、宅配による注文を受け付けています。