広告代理店の仕事内容や必要とするスキルについて

様々な業種がクライアント!

広告代理店の仕事は、様々な業種がクライアントになり、広告のみならず企画なども提案する事が多くなっています。大手広告代理店では、テレビやラジオ、新聞や雑誌のどの広告枠を扱ったりしますが、同時にコンサートなどのイベントも企画するわけです。中小の代理店では地域の会社の宣伝や新聞の折り込み広告などを扱いますが、最近ではご当地ゆるキャラのイベントなどが盛んになっているので、地域活性化の為にも一役買っているといえます。

魅力は「ゼロから形にする」こと!

広告代理店の仕事の魅力といえば、先ず「ゼロから形にする」ことが挙げられるでしょう。売りたい製品があっても、消費者がそれを知らなければ無いのも同然なわけで、如何に魅力をアピールするかが重要となります。その為には、製品を作る側の思いを充分理解する必要があるので、結局は人を好きにならなければ務まらないといえます。クライアントの思いをつかみ、実際の広告として形にするには、企画力やデザイン力などの様々な能力が必要です。そして、それらの能力をまとめる力も重要となるわけです。

話すより聞く事が大切!

広告代理店の仕事においては、人を好きになることが大切なわけですが、それには話をよく聞く事が肝心だといえます。一般的にこの業界に必要な能力はプレゼン力であるように思われがちですが、それは二の次だといえます。先ずクライアントの希望を真に理解する所から始まるので、独りよがりのプレゼンをいくら行っても響きません。クライアントによっては、ただ商品が多く売れればいいだけではなく、必要とする人に届く事を何より重視する場合もあるわけです。クライアントの気持を理解したプレゼンを行えば、信頼関係を築いていけるといえます。

代理店の募集に応募をする事によって、代理で商品やサービスを提供する事が出来るようになりますので、売上も増加します。